「成功」だなんて、たいそうな名が付いた「ウダーチヌイ」鉱山。

ロシア連邦サハ共和国のウダーチヌイ鉱山(Udachny Mine)は一般的な露天掘りに加え、坑道として600メートル以上の穴が2本も空いています。この坑道をウダーチナヤ・パイプ(Udachnaya pipe)と呼びますよ。
ロシアには他にもダイヤモンド採掘の為のミールヌイ鉱山があります。
ウダーチヌイはロシア語で「成功」を意味するそうですが、ダイヤモンドがたくさん採れれば、そりゃこの地を成功と呼んでも差し支えないと思いますよ。ロシア連邦のダイヤモンドの99%はサハ共和国で生産されてます。残り1%が気になります。

ウダーチヌイ鉱山(中心部)の周囲に広がる地表の模様が蛇がうねっているようにも、鱗が散乱しているようにも見えます。自然はすばらしい。

全体を把握できる位に高度を下げても、雲を突き抜ける事ができないのです。

深さは約600メートルあります。他の露天掘り鉱山に比べて斜面の傾斜がきつく見えるのは、錯覚ではないと思います。

運搬しているトラックだって相当な大きさのはずなのに、露天掘りの段差の高さがハンパない。

そのトラックのタイヤ。段差もハンパないけど、やっぱりトラックの大きさもハンパなかったって事ね。

どんな写真なのかよく分からない。もしかしたら鉱山の底から空を撮影したのかもしれないね。

座標(Googleマップ):66.43525,112.313919

単一記事の投稿

This entry was posted in Googleマップ and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.